2017年1月10日火曜日

日進月歩

事務所の仕事始めは1月5日(木)でしたが
パートさんが全員揃ったのは10日(火)でした。
主婦の方にとって年末年始は、お休みというより
却って疲れる時期でもありますので、
皆さんの元気な姿を見ることができて安心しました。

さて、毎年、年始始めのこの時期に
新しい年に向けての展望を思い巡らすのですが、
今回はあらためて土地家屋調査士という
仕事について考えてみました。

当所ホームページの「土地家屋調査士とは?」にも
載せておりますが、、知名度の低さでは断トツの士業。
さらに人気も無い・・・

私自身、土地家屋調査士という仕事をどう捉えているかというと、、
良い面として・・

①知識と経験を蓄積すれば、努力次第で仕事が頂ける面が
 大きいと感じております。
 自分自身、仕事のパフォーマンスに重点を置くことで
 報酬額のみの競争にはしたくないと思ってます。
 (当然価格は大事ですが)

②デスクワークのみの室内作業と、外での現場作業のバランス
 がいいと思います。
 天候をみて現場測量を予定して~
 市役所調査の後は、事務所で申請書類の作成~
 時間がとれたら事務所で落ち着いてCAD~
 立会日程をこなし、完了に向けて粛々と業務を進める~

 土地家屋調査士=測量=現場
 と、思われがちですが、実は内業の割合も多いのです。

敬遠される面として・・

①やはり、現場仕事は大変です。
 季節のいい時期は少なく、春夏秋冬~猛暑から厳寒まで
 一日中外仕事。
 住宅街や、狭い路地、田畑から国道まで、あらゆる現場に
 赴きます。
 また、車はもちろん自転車や歩行者まで注意を払いながらの
 測量なので、とても神経を使います。

②境界立会のトラブル
 これが一番、この職業の人気がない理由として、よく挙げられます。
 元々隣地同士の仲が、あまりよろしくない場合、不可抗力で
 トラブルに巻き込まれるケースもあるからです。
 その際の精神的な負担は大きく、多大なストレスに・・・
 (ガラスのハートを持つ50代ですので・・) 

 ただ、そんな現場を解決とまでいかなくても、無事完了できた時の
 喜びが、この仕事の醍醐味と感じてもらえたら、、
 若者が目指す憧れの職業になるのではないでしょうか。


 
 
 
 


 

太平洋にかかる二本虹

久々に朝から激しい雨が降り続く日曜日でしたが やっと西の空が明るくなる夕方 実家から安城へ帰途に急ぐも、、、太平洋を一目見ずには帰れない! と、潮見坂海岸に立ち寄りました。   潮見坂海岸は静岡県湖西市白須賀にある延長4kmの太平洋を 一望できる場所です。 海岸沿い...